暑くて汗をかく時期はもちろん緊張したときなどにも噴き出て、せっかくセットした前髪やメイクを崩してくれる悩める顔汗。 そんな顔汗の原因や顔汗を抑える方法など、顔汗への対処に効果的な情報をまとめています。

顔汗対策 おすすめ

顔汗を抑えるために有効だとよく言われている対策としては、

  • ツボで顔汗を抑える
  • 首を冷やして顔汗を抑える
  • 漢方などで体質を改善して顔汗を抑える
  • 冷え性対策をして顔汗を抑える
  • 手術で顔汗を抑える
  • 制汗剤で顔汗を抑える

などなど、
色々な方法があります。

そんな顔汗を抑える顔汗対策に個人的におすすめしたいのが、顔専用の制汗剤(サラフェプラス)です。

顔の汗・テカりを抑える顔専用制汗ジェルクリーム【サラフェ 】

メイク下地をサラフェプラスに変えるだけで顔汗をしっかり抑えてくれ、定期的に上から押さえるように塗るだけで一日中サラサラとした肌をキープできます。

顔汗対策に即効性があって、手軽に顔汗ケアできるのでお気に入り。

顔汗対策 おすすめ

ツボを刺激したり首を冷やす方法だと、顔汗を抑える効果はあるものの一瞬だけだったりします。

漢方や冷え性対策をして体質改善をするのは、顔汗を抑える方法として根本的にはいいのですがその効果が出るまでに"いつになるかわからないほど"時間がかかりますし、かといって手術という手段を選ぶのはなかなか簡単じゃない。

(手術で顔汗を抑えると代償性発汗などのデメリットもあるし)

このような理由から、
顔汗を抑える方法としては、まずはサラフェプラスなどの顔専用の制汗剤の利用がベストだと思っています。

とはいえ、
顔汗を抑えるために有効だとよく言われている色々な対策について知っていないと、顔専用の制汗剤(サラフェプラス)が良いのか悪いのかの判断も難しいと思うので、それぞれの顔汗対策についてのメリットとデメリットを紹介しておきます。

顔汗対策 ツボ

費用をかけずに顔汗を止めようと思ったら、

ツボを刺激して顔汗を抑える。

といったことができます。

顔汗を止めるのに効果的なツボは手に何ヶ所かあるので、緊急事態には覚えておくと役に立つかも。

顔汗を止めるのに効くと言われている代表的なツボは、後谿(こけい)と陰げき(いんげき)と呼ばれている部分です。

後谿(こけい)のツボの場所は、手をぐっと握ってみると小指の横にシワができるかと思いますが、このシワの延長線上の飛び出たところです。

陰げき(いんげき)のツボの場所は、手のひらを上に向け、小指側の手首の付け根から腕方向に向かって約1.5㎝ほど下にあります。

反対の手の親指を使ったりして、ギュッと押して刺激してあげましょう。

ツボで顔汗を抑える対策をすると副作用の心配もないので安心なのですが、気持ち程度しか顔汗を止める効果を実感できないのが難点です。

顔汗対策 首を冷やす

夏になって暑くなってくると、首を冷やすということは顔汗対策としてだけでなくやっている人が多いかもしれません。

首の後ろには頸動脈という太い血管が通っているので、その部分を冷やすことで顔の火照りを抑えて顔汗を止めることができます。

ただ、確かに保冷剤や冷たい水で濡らしたハンカチなどを使ってしっかり冷やすと顔汗を抑えることができます。

ただし顔汗を抑えることができるのは冷やしている時だけで、一時的に顔汗を止めることしかできません。

化粧前などに首を冷やして顔汗を抑えても、メイクが終わる頃には顔汗が吹き出していることもあって、ほんと一瞬だけしか顔汗の対策ができなかったりします。

顔汗対策 漢方などで体質を改善

即効性を求めることはできませんが、

漢方などで体質を改善して顔汗を抑える。

という顔汗対策は、行う価値が十分にあると思います。

漢方薬というのは、植物、動物、鉱物など自然界にある天然成分を組み合わせて作ったもので、それらの成分を身体に取り入れることで身体全体の改善を目的とするものです。

ですから一般的な薬とは違って、副作用も少ないと言われてはいます。

デメリットとしてある部分が、漢方薬はあくまで長期間かけて体質を改善していき、そして根本から症状を治していこうというものですから、すぐに顔汗を止めたりといった即効性はありません。

また、顔汗の原因はその人によって様々ですし、漢方薬を飲み続けたからといって誰もが顔汗が治るようになるとも限らないということもあります。

顔汗対策 冷え性

顔汗がでやすいのは、

他の汗腺から汗が出づらく活発な汗腺に集中してしまうから。

という理由もあります。

漢方で体質を改善するのと同様に長期戦になりますが、

  • 冷たいものを取りすぎない(内臓を冷やさない)
  • お風呂はシャワーではなく湯船に浸かりしっかり体を温める
  • 外気温と室内温度の落差に気をつける

といった冷え性対策をやっていくことで、顔汗対策もすることができます。

デメリットとしては、漢方での顔汗対策と同じように即効性は求められないこと。

そして顔汗の原因が冷え性でない場合には、冷え性を改善しても顔汗の問題に関しては関連しないということです。

顔汗対策 手術

顔汗の原因によっては、病院で手術をするという対策も可能。

もちろん、病院で医師と相談の上で決めることになりますが、顔汗を抑える手術としては「胸腔鏡下交感神経節遮断術」という方法がとられることが多いです。

全身麻酔をかけてから脇の下の皮膚を切って内視鏡を挿入し、多汗の原因となっている交感神経を電気メスで切断するという手術なので顔汗を止める効果が高く、多汗症の代表的な手術として行われています。

健康保険も適応されるので、3割負担で8万円〜9万円くらいの費用で、この顔汗を抑える手術は受けることができます。

ただし、この手術を行って顔汗を止める対策を行うと、今まではそんなに汗が出なかった顔以外の部分から汗が噴き出してくるようになってしまうといったケースもあるようです。

顔汗対策 顔専用の制汗剤

顔汗対策におすすめしたいと紹介した、サラフェプラスのような顔専用の制汗剤。

たとえばサラフェプラスは顔汗対策に特化しており、敏感肌の人の顔にも使える優しい成分でできています。

クリームを塗るだけで汗腺に作用して毛穴を引き締めてくれるから、肌に蓋をせずに汗を抑えてくれるという効果をもったもの。

塗るだけで顔汗を対策することができるという手軽さなのに、すぐに顔汗を止めて化粧をした上からでも抑えるようにして使うこともできるのはありがたいです。

顔汗を抑える効果を長時間キープすることができますし、手軽に即効性を求めた顔汗対策としてベストだと思っています。

身体に使うことのできるような制汗剤と比べて、お値段がちょっとお高いのがデメリットですが、個人的には顔専用で安心して使うことができるという部分の方が大きいです。

顔汗対策 おすすめ まとめ

どうにか顔汗を止めることはできないのか、顔の汗を止めるツボを検索して試してみたりと顔汗対策をしてみてもなかなか効果を実感できなかったり。

かといって、
制汗剤を顔にスプレーしてしまうとヒリヒリして痛いですし、なにより肌への負担が大きそう。。

といった感じで顔汗に悩み、顔汗対策で「良いな」と感じたのが顔専用の制汗剤(サラフェプラス)です。

サラフェプラスをメイク下地として塗るだけで顔汗の出かたが全然違ってきて、夏でも眉毛が消えずに済むようになりましたし。

サラフェプラスを塗っているだけで顔汗を抑えてくれるからメイク直しの回数も当然減るので、サラフェプラスを使いだしてからは、化粧品も頻繁に買わなくていいようになるという嬉しい状況にもなりました。

更年期の症状で、急に顔汗が出てしまう「ホットフラッシュ」に悩んでいる人にも、サラフェプラスは対策としておすすめかなと思います。

顔の汗・テカりを抑える顔専用制汗ジェルクリーム【サラフェ 】

あ、ちなみにこれ完全に余談ですが、
脇汗を止めるのは、個人的にBANのロールオンが一番おすすめです♪

AmazonでBANのロールオンを探してみる

Copyright© 顔汗対策 おすすめ , 2021 All Rights Reserved.